経験者に聞いた外資系転職で成功する人の特徴

学力が高く頭の回転が早い人


外資系転職で成功する人は、総じて学力が高くて頭の回転が早いです。多くは有名私大や国立大学出身者ですが、このように高学歴な方が採用されやすいです。
外資系では、ダイレクトに結果を残さないと生き残ってはいけません。その為には社内の人間だけでなく多くのお客様から信頼を得て、欠かせない人間になるしかないのです。契約を次から次へと締結して利益をもたらす、画期的な提案をして事業の方針を変えるなどしてインパクトを残さないといけません。
高い能力を生かして、普通の人が数日かかる仕事を一日で終わらせるなどすれば人件費も浮かせることができて喜ばれます。外資系で成功するには、頭が良くて行動が早く、臨機応変な対応が必要です。

物怖じせずコミュニケーションできる人


外資系では、高い学力も大切ですが同時にコミュニケーション能力も大切です。日本人との会話もありますが、主に外国人との会話になるので外国人慣れしなければなりません。体格の大きな外国人に物怖じして適切な主張やコミュニケーションができなくなるのであれば、戦力にはなりません。
また、賢くても他愛の無い世間話を軽視するようではいけません。特に外国人は、適切にコミュニケーションしない人をやる気のない人間だとみなす可能性があるので、もし意図せずそう判断された場合は致命的です。
日本の企業でも通じますが、仕事以外でもしっかりコミュニケーションして仲を深めれば、そこから仕事が発生することもあります。そんなコミュニケーションの重要性を理解している人間こそ成功するのです。

外資系の求人は専門の仕事だけあって沢山あります。選び方が重要になってくるのでネットや求人情報誌で集めて比較しましょう。