終身雇用を一度忘れましょう

終身雇用は昔の考えです


終身雇用は、入社した会社で定年退職まで雇用されることです。メリットはずっと安定して収入を得ることができるので、精神的な面で落ち着くことができます。しかし、能力がなくても勤続年数が豊富という理由で役職を与えられる場合が多いので組織が崩れかねないです。
現代は、終身雇用が珍しくなっており、数回転職するのが当たり前となっています。成長や年収アップを求めるなどポジティブな理由はもちろん、人間関係や仕事が嫌になったなどネガティブな理由でも転職は可能です。ただ、やはりネガティブな転職は結果的に失敗する可能性も高いので注意が必要です。終身雇用を捨てて社会人が色々な考えで人生を歩めるというのは、非常に喜ばしいことです。

外資系への挑戦をする


転職先として人気があるのは外資系です。むしろ外資系は即戦力を求めている場合が多いので新卒採用ではなく中途採用に力を注いでいます。魅力は給与で、外国で成功している会社が日本に進出しているという形なので非常に安定しています。給与が高いので、当然それ相応の能力が求められます。
外資系なので英語が堪能なことは絶対条件ですし、パソコンスキルやコミュニケーション能力などあらゆるものを求められます。もし活躍できない場合は戦力外となり、活躍できれば当たり前のように雇用が継続されるという世界です。
日本の職場では上司が帰るまで部下は帰宅できないなど、悪しき習慣が根付いている場合も珍しくありませんが、外資系ではそれがありません。

就職試験などで英語で面接する場面に遭遇する場合がありますが、この時に求められるのは英語の力だけでなく、多くは対応力を見られます。突然英語で質問されてもあわてずに受け答えができると好評価を得られます。