準備は必要!慣習の違いで戸惑らないために

普段から英語を使って生活を送る


外資系の転職を望む場合、仕事柄、英語を使いこなす必要があります。転職してから対応することは不可能に近いので、時間がある内に身につけておくと良いでしょう。
英語は普段から使うことを意識しておくと、自然に身に付きます。このとき、英単語や文法よりもコミュニケーション能力が優先されます。だから、不自由なく英会話できるように生活に取り入れると一番効果的です。また、英会話スクールに短期的に通い、早期取得を目指すのも良いでしょう。外資系に転職する際、面接で英語力を問われることがあります。これは海外と連携して仕事をすることを基準にしているので、その時点でスムーズな英会話が必要になります。だから、あらかじめ希望している企業の方に、必要な英語レベルを教えてもらうと、イメージして取り組むことができます。

説得力を持たせるために、TOEICを受ける


英会話以外に英語力を示すために、TOEICを受けておくと良いでしょう。英語が必要な企業では、TOEICの最低スコアが条件として組み込まれていることがあります。そのスコアを目標にして勉強すると、転職できる確率が上がります。
TOEICは、ビジネス英語を示すための試験なので、ハイスコアであれば外資系に通用する力があると見込まれます。この勉強で、ビジネスに必要な英単語やコミュニケーション方法を学ぶこともできるので、そのついでに試験を受けると考えておくと良いです。スコアが低い場合、書類選考時点で落とされる可能性が高くなります。最低スコア以上を取ることは必須だと思い、試験に臨むようにしましょう。英会話によるコミュニケーション能力とビジネス英語力が伴えば、ほぼ確実に外資系で仕事はできます。後は、仕事力を示すために、面接の内容に対して準備をすると良いです。