外資系でストレスを溜めない!心をリラックスする方法

外資系社員はストレス解消への意識が高い!


外資系の社員はそうではない企業に勤めている社員に比べて、生産性の高い仕事をしていると感じている傾向がある、というデータがあります。しかし、生産性の高い仕事は責任感やプレッシャーを強く感じるものですから、ストレスにさらされやすいのです。実際に外資系社員の方が積極的にストレス解消に取り組んでいるというデータもあるほどです。
具体的なストレス解消法ですが、外資系社員から人気の高い方法は、好きな食べ物をたくさん食べたり、お酒を飲むと言った飲食に関するものや、十分な睡眠をとって疲労回復を図るというもの、それから家族や友達とのコミュニケーションを通してリラックスするというものなどです。誰でも実践できるものばかりですね。

ヨガでストレスが解消する?


外資系社員のストレス解消法で多いのが、身体を適度に動かすというものです。確かに適度なスポーツはリラックスできますし、健康にもいいですよね。そんな中で今外資系社員から注目されているのが、ヨガなんです。ヨガは日本では女性がリラックスや骨盤のゆがみなどの矯正の為に行うというイメージがありますよね。
しかし、ヨガは抗うつ剤と使う場合と同じくらい神経伝達物質の濃度が改善されるということがわかっていますし、幸福を感じやすくなる物質のセロトニンの分泌量が増えるというメリットもあるんです。ビジネスマン向けにヨガについてレクチャーする本も登場しています。会社帰りのスタジオや自宅でヨガをしてみるのもいいのではないでしょうか。